美しすぎるモノクロミュージックビデオまとめ

ハイビジョン、HD、4K、5Kなど時代の進歩とともにミュージックビデオも年々美しくなり、撮影技術や編集技術もここ数年で格段に進歩しました。それにより映像の色彩表現のレベルは遥かに高められ、繊細で色鮮やかな映像を誰でも享受できるようになりました。 例えばADM(アコースティック・ダンス・ミュージック)の第一人者、"Kygo"の「Raging ft. Kodaline」や 今年結成20周年の"RIZE" の「TKC」など 鮮やかな色を巧みに使った素晴らしいミュージックビデオが毎日生み出されていると言っても過言ではありません。 そんな時代だからこそ見て欲しい白黒映像。己を表現することに色など必要としない、確固たるアイデンティティーを持つアーティストにのみ許される至上の映像作品をご紹介します。 Jack White / Lazaretto どうしようもなくかっこいい。とにかくかっこいい。アーティストのプロモーションの為に制作される"プロモーションビデオ"とは、何から何まで全く別次元の美しさです。初めての方は鼻血を垂らして気絶する覚悟で御覧ください。 Coldplay / Magic コールドプレイのミュージックビデオはどれもこれも趣向を凝らした、おしゃれでどこか温かみのある素敵なものばかりですが、これは特にいい。昔の映画ってなぜか心にすっと入ってくる熱のようなものを感じるのですが、このミュージックビデオにも同じものを感じます。 MIYAVI / Real? 己の体とギターだけで世界に挑戦し続けるサムライギタリスト"MIYAVI"のミュージックビデオは"Simple" is "best".を形にしたような漢の格好良さがあります。本当にその場でセッションしているかのようなヒリヒリした生の感覚がたまりません。 Jet / Are You Gonna Be My Girl ガレージロックのミュージックビデオのお手本です。モノクロだからこそできる、ガラス板を利用した真下からのアングルが素敵です。 Arctic Monkeys / R U...

アーティストの個性が際立つ白ホリミュージックビデオまとめ

あるときはロックバンドの荒々しさを際立たせ、またある時は映像ディレクターのアイデアを解き放つキャンバスとなる「白ホリゾント(白背景)」スタジオ。 背景が「白」つまり演者以外の視覚情報がないゆえに、美しいものは美しく、そうでないものもまたあるがままに映し出し、ある意味撮る側と撮られる側の両方の実力をあらわにします。 今回はそんな"白ホリ"で撮影された白い背景の名作ミュージックビデオたちをコメント付きでご紹介します。 ONE OK ROCK / 完全感覚Dreamer 白背景MVといえばこれ!という人も多いのではないでしょうか?今や世界ツアーを回るロックバンドワンオクのメガヒットソング。初期のワンオクが持つ尋常ならざる勢いをそのまま形にしたようなミュージックビデオです。 凛として時雨 / Telecastic fake show 高速で繰り返される左へのパンが凛として時雨のスピード感を巧みに表現しているMVです。ピエール中野のカウント前の不思議なリズムの取り方にも注目。 Pay money To my Pain / PICTURES 撮影に必要なレールやケーブル、照明機材などは通常なるべく画角から外しておくのですが、それらをそのまま映す事により逆に気取らずシンプルにかっこよく見せる。PTPの良さが真っすぐ伝わる秀逸な作品です。 another sunnyday / ユーグレナ 今年2月に活動休止を発表したアナサニから一曲。画面の左上と右下に曲の構成や演奏パートなどが表示され、ダビングされた本数分のメンバーが現れる奇抜な編集が印象的です。 The BONEZ / Place of Fire RIZEのJESSEがヴォーカルをとるストレートなロックバンドThe BONEZのセトリ常連曲。イントロからリフにかけてのスピード感の変化が楽曲と完璧にマッチしていて、一気に曲に入り込めます。 THE...
2,012Fansいいね!
2,168Followersフォローする
150Followersフォローする

Recent Posts