一般的に自宅でできるギターのメンテナンスといえば、ネックやボディーをクロスで拭いたり弦交換の際にレモンオイルなどで指板の保湿をする程度で、直接音に関係する部分のメンテナンスは少々ハードルが高い。

ブリッジ一つ調整するのにもそれなりの知識を要するし、ナットの調整ともなればリペアマン同士でも意見が割れるほど奥が深い世界だ。

しかしこのアイテムを使えば、誰でも簡単にフレットのメンテナンスができるのだ。

Fret Butter(フレットバター)/ dmi guitar labs

マスキングなど面倒な手間は一切なし

今まではフレット一本一本をマスキングして、コンパウンドで丁寧に磨く作業が必須だった。

それもコンパウンドというものはなかなかに厄介で、フレットと指板の間に隙間があれば入り込み、それが非常に取りづらい。

しかしフレットバターにはマスキングも、面倒な後処理もない。パックを開封したら、特殊なクリーナーが染み込んだ布を取り出して指板ごとフレットに塗るだけだ。

ペグ⇄ブリッジの方向に満遍なくフレットバターを滑らせて、あとは柔らかいタオルなどでゴシゴシと磨く。

この作業が意外と楽しい。白かったタオルがみるみるうちに真っ黒になるのだ、それだけフレットや指板が汚れているということなのだろう。タオルに汚れがつかなくなるまで作業を繰り返したらクリーニング完了だ。

滑らかなフレットの仕上がり

フレットが非常に滑らかに磨き上げられ引っ掛かりがなくなるので、ギターを始めたばかりでチョーキングが上手くいかない人には効果抜群だろう。

また、ヴィンテージギターでモダンなプレイをするタイプの人にはぜひ一度使ってみて欲しい。フレットを打ち替えることなくプレイアビリティを著しく向上できる。

ナチュラルでクリアなサウンド

フレットは振動の伝達に大きく関係する部分であるため、サウンドがとてもクリアになる。

しかもこれは“わざとらしいクリアなサウンド”とは全く別物の、そのギターが組み上げられた時に持っていた本来のサウンドだ。フレットを打ち替えた時のサウンドの変化ともまた別の、非常にナチュラルなものだ。

有害物質とレモンオイルを含まない

たっぷりの研磨剤で汚れを削り落すコンパウンドのような感覚ではなく、どちらかというとシルバーアクセサリーや車のアルミホイールなどを磨く時に使用する“ケミカル系”のような印象をもつフレットバターだが、有害な化学物質などは一切含んでいない。実際使ってみるとわかるが天然成分の甘い香り(いわゆるGibsonの香り)がするだけで人体への刺激全くを感じないのだ。

そして、レモンオイルフリーというのも重要な点だ。

ギターのメンテナンスと言えばレモンオイルという印象になりがちだが、レモンオイルは万能ではない。一時楽器店などのギターメンテナンスグッズコーナーにはあらゆるメーカーのレモンオイルが並んだが、最近はレモンオイルを推奨しないリペアマンも多いのが事実だ。

一度使えば手放せない使い勝手の良さ

使用後は袋に戻してジップを閉じるだけ。後はギグケースにでも入れておけば無くしてしまう心配もない。

オイルフィニッシュまたは塗装されていないメイプル指板には使用できないというデメリットもあるが、1200円程度で20回使用でき、1回60円程度と非常に経済的で効果絶大なフレットバター。初心者も玄人もぜひ一度使ってみて欲しい。

via Sound Service

Ram's Head
DEEP DIVER編集部の中で最も機材愛が深い男。作曲や編曲などの仕事もしているらしいが本人曰く“新しい機材を使いたいだけ”とのこと。大の犬好きで、猫アレルギー。好きな音楽のジャンルは特にないが、好きなトランスは“Marine Air”だそうだ。編集部にはまだこの男と話が合う者はいない。