ブルースだけに焦点を当てたダーティーなフルアコで有名な国産ギターブランド“KING SNAKE”(キング・スネーク)から、なんとも珍しいソリッドギターの再販が発表された。

昨今の国産ギターブランドの熾烈な競争とは無縁な、完全に独自の路線で突き進むKING SNAKE。そのブルースへの溢れる愛情とこだわりの強さが、他のブランドや現行品のギターに満足できないブルースマンを虜にしている。

ブランドコンセプトを「ダーティな、フルアコ。」と決め込んでいるKING SNAKEがソリッドボディーのギターをリリースするのは非常に珍しい。昨年の9月に初めて販売されたテレキャスターが3本、もちろん今回もほんの数本のみの再販だ。

KING SNAKE Telly “Okie Dokie T”

今回再販されるのはBSB(Butterscotch Blonde)が5本とBlondeが3本の計8本で、内1本はヨーロッパの楽器店へ納品されるため、実質国内で販売されるのはたった7本だ。

今回もウッドマテリアルはAsh Body & Maple Neck仕様のみ。ピックアップは前回生産された3本のテレキャスターよりもさらにブルースにフォーカスしたサウンドチューニングを施された特別設計のピックアップで、ゲイトマウス・ブラウンのOkie Dokie Stompのオリジナル音源を目指して製作された物だ。

フロントピックアップはパワーとキレを重視し、通常のブラス製のカバーではなくニッケルシルバー製のカバーを使用、ベンドした際に中高域がスポイルすることなくはじけるような感覚を味わえる。ブリッジピックアップは力強いミドルが前面に押し出され、プレーン弦も太く歯切れのいい最高のブルースサウンドがプレイヤーの手の中だ。

そしてブルースで多用される3弦ベンド音が全面に出るように、あえてのスタッガード仕様。こだわりにこだわり抜いた結果スタンダードな仕様ではなくなったが、これがKING SNAKEの真骨頂。何者の意見にも身を委ねず、ルシアーの研ぎ澄まされた感覚だけが全てを決定する。

[label title=’価格’ color=” icon=” text=’Open Price’ class=”]

  • 実勢価格¥230,000+TAX

[label title=’取扱店舗’ color=” icon=” text=’日本国内店舗’ class=”]

  • 山野楽器ロックイン 新宿店(BSB / Blonde)
  • 宮地楽器 神田店(BSB / Blonde)
  • LAST GUITARS(BSB / Blonde)
Ram's Head
DEEP DIVER編集部の中で最も機材愛が深い男。作曲や編曲などの仕事もしているらしいが本人曰く“新しい機材を使いたいだけ”とのこと。大の犬好きで、猫アレルギー。好きな音楽のジャンルは特にないが、好きなトランスは“Marine Air”だそうだ。編集部にはまだこの男と話が合う者はいない。