近年のエフェクト・ボード(ペダルボード)の進化はとどまる所を知りません。一昔前はARMOR(アルモア)かPulse(パルス)と言った頑丈なFRPケースが主流でしたが、ユーザビリティの点での課題は少なくありませんでした。その後電源スペースと配線の問題を一気に解決するPedaltrain(ペダルトレイン)が登場し、さらにはTemple Audio Design(テンプル・オーディオ・デザイン)がエフェクターを固定する新たな方法を提案しました。

日本ではまだFRPケースが主流ですが、すでにエフェクト・ボードのブレイクスルーが起きたかのように群雄割拠となっている欧米より、一足先に最新ハイテクボードの数々をご紹介いたします。

 

最新エフェクト・ボード 10選(日本未発売含む)

 

FRIEDMAN / Tour Pro 1520

最近コンパクトエフェクターが好評なFRIEDMANからは取り外しが可能な2層の鉄板によって構成されるボードです。
さらにワウペダルやボリュームペダルなどもピッタリとフィットする機能的デザイン。


 

MONO / Pedalboard Medium

高品質なギグケースで有名なMONO(モノ)からはルーティングや配線をよりコンパクトにまとめるためのデザインをアルミの削り出しによって形にした軽量で頑丈なボード。シンプルなデザインでエフェクトの切り替えを邪魔しません。


 

VOODOO LAB / Dingbat PX

日本では地名度が今ひとつですが海外では質実剛健な作りですでに高い評価を獲得しているVOODOO LAB(ブードゥー・ラボ)からはどんなパワーサプライもシームレスに統合できるボード。
36のプリセットを設定できるVoodooのペダルスイッチャー、PX-8 PLUSが搭載されています。


 

TEMPLE AUDIO DESIGN / TRIO 28

もうエフェクターがずれることも剥がれ落ちることもなくなります。独自のペダルプレートシステムでマジックテープとおさらば!別売りの専用プレートによってエフェクターの付け替えもスムーズに行えます。


 

ACLAM GUITARS / Smart Track S2

大事なエフェクターを傷つけたくない人もこのボードなら大丈夫。
特殊なゴム製のファスナーで楽にエフェクターを固定でき、さらに角度の調節も自由自在。


 

BLACKBIRD PEDALBOARDS / 1224 Tolex Series

様々なオプション品で自分好みにカスタマイズしやすいボード
素敵なツイードに身を包んだこのボードには12個のMXRサイズエフェクターを搭載できます


 

GATOR CASES / GPB-BAK-OR

日本でもギターケースで有名なGATOR(ゲーター)からは、カラーバリエーションに富んだボード。
アルミの切り抜きによってルーティングがスムーズで、パワーサプライをマウントできる穴もついています。


 

HOTONE / Skyboard Junior

低価格でコンパクトなエフェクターで有名なHOTONE(ホット・トーン)のボードはやっぱりコンパクト。腕に自信のあるミニマリストプレーヤー向けの一枚です。
HOTONEやOne Controlなどに代表されるマイクロサイズのペダルを綺麗に並べられるサイズのアルミ製ボードです。


 

SCHMIDT ARRAY / GO Board

蝶番やヒンジがレトロでキュート。
9/12/18V対応のパワーサプライが搭載されています。


 

PEDALTRAIN / Metro 24

ハイテクエフェクトボードの雄PEDALTRAIN(ペダルトレイン)の新製品は、やはりコンパクトで重心の低いデザイン。
ペダルトレイン社からの初の三本レールのこのボードは、持ち運びに優れ、足元をコンパクトにまとめたいプレーヤーから人気です。


 

自分にぴったりのエフェクト・ボードが見つかりましたか?

海外ではエフェクト・ボードをDIYしちゃうなんてこともよくあるらしいので、もし探しても見つからないのであれば一度作ってみてはいかかでしょうか。

しかしウォルナットのボードとは…シブい。

via: Premia Guitar

Chita
DEEP DIVER編集部の中では珍しい真面目なライター。海外での活動経験を生かして洋楽系の記事を寄稿している。音楽はトロピカルハウスやアシッドジャズなどを好み、海外のカルチャーへの愛と造詣が深い。最近ハマっているのはバチェラー・ジャパンとゲーム・オブ・スローンズ。