「聴きたいときに、聴きたい林檎」

1998年5月27日、「幸福論」でデビューした有限会社黒猫堂所属の歌姫椎名林檎が2018年同日、デビュー20周年の記念日を迎えた。
188曲にも及ぶ作品達のストリーミング配信の解禁は、20周年記念企画の一つとして発表され、他にも4年ぶりとなる主要4都市8公演のアリーナツアーが発表された。

さらにトリビュートアルバムのリリースなど、記念企画が盛りだくさん。詳しくは彼女の20周年記念スペシャルサイトをチェックだ。

ついにストリーミング配信台頭の時代へ

今月上旬にはミスター・チルドレンも全楽曲のストリーミング配信を解禁。
今まではストリーミング配信をしない国内アーティストも数多く見受けられたが、日本を代表するアーティストが今月になって次々にその解禁を発表している。

ファン達には嬉しい反面、アーティスト面から見ればCD売り上げの収益化が厳しい時代になってきているのも事実。
ファンがアーティストを応援する形も様々な変化を遂げて行きそうだ。

Chita
DEEP DIVER編集部の中では珍しい真面目なライター。海外での活動経験を生かして洋楽系の記事を寄稿している。音楽はトロピカルハウスやアシッドジャズなどを好み、海外のカルチャーへの愛と造詣が深い。最近ハマっているのはバチェラー・ジャパンとゲーム・オブ・スローンズ。