ヴィンテージ・サウンドの魅力

Vintage Guitars,Vintage Amps,Vintage Pedals…

楽器の歴史は1950〜70年代に黄金期を迎え最高のアイテムが次々と生み出された。その時代に生み出されたものは“ヴィンテージ”と称されプレイヤーからコレクターまで様々な人々から熱い眼差しを送られる事となる。

さらにその中でも“バースト”と呼ばれる一部のレスポールなどはカルト的な人気を博し、数千万円以上の資産価値を持つ場合もある。

ヴィンテージアイテムは増えることがない。つまり、基本的に価格は高騰し続けるという事だ。

サウンドに無関係な付加価値に大金を払うのか?

近年も“Centaur”(ケンタウルス)というコンパクトエフェクターの価格が高騰し続けている。ついに30万円代に突入しようとしている。

これは流石に健全な価格ではない。Centaurの新品価格は7万円程で非常に高額なコンパクトペダルとして有名だったが、その価格に見合う魔法のサウンド(特殊形状の筐体だけでなくミックストーンと昇圧回路など)がそこにあったからこそ人気を博した。しかし今ではその4倍以上するのだ。もはやこれはそのサウンドについた値段ではなく、演奏とは無関係な付加価値についたプレミア価格なのだ。

欲しいものを手にするために大金を支払う事は決して悪いことではない。

しかしそれを買えば、大金を支払えばあなたが欲しいものが本当に手に入るのかをよく考えて欲しい。

あなたがもし“ヴィンテージ・サウンド”を求めるのであれば、なにも大金を支払うことはなくこの弦を使ってみれば良いだけなのだ。

究極のヴィンテージ・サウンドを奏でる弦「The Bender」

このThe Benderを製造するLa Bella(ラベラ)は1960年代頃新品のギターに標準搭載されるような、今で言うところのダダリオやアーニーボールのような存在だった。ロックンロールとは切っても切れない深い繋がりがあるニッケルメッキ鉄製弦のパイオニアだ。

この老舗中の老舗ストリングスメーカーが自社のアーカイブを掘り返し、当時のレシピそのままに再現されるのが“The Bender”(ザ・ベンダー)だ。

正直なところ耐久性には疑問がある。スティール弦が産声をあげた時から各社並々ならぬ企業努力を重ねたことで、今日の切れづらくサビづらいギター弦があるのだから、1960年代と現代とでは工業技術に埋められない差があって当然だろう。

そしてレンジにも問題があるかもしれない。煌びやかな高音から唸るような低音がクイックにレスポンスされる弦ではないだろう。

しかし、膨よかな中域の粘りや豊かなサスティーンは、まさしく本物のヴィンテージだ。

この点は他のどの弦にも出せない別次元のヴィンテージ再現率だと断言できる。

だがそれもそのはず、ヴィンテージを再現するために技術的進歩を逆行しているのだから。最新技術で作られた弦からヴィンテージサウンドが出ていたらむしろ違和感がある。

年代物の線材とハンダで作られたケーブルや、ヴィンテージギターに使われているコンデンサーなど、あらゆるものでヴィンテージサウンドを求めるならば最も直接的に音に影響する、プレイヤーが掻き鳴らすその弦をヴィンテージにしてみるのが一番ではないだろうか。そう考える者は少なくないはずだ。

しかしヴィンテージの弦を使いたいが本当に古い弦は錆びていて使えたもんじゃない。

その長年の命題を解決してくれるのが“The Bender”なのだ。

via THE MUSIC EMPORIUM, La Bella

 

Ram's Head
DEEP DIVER編集部の中で最も機材愛が深い男。作曲や編曲などの仕事もしているらしいが本人曰く“新しい機材を使いたいだけ”とのこと。大の犬好きで、猫アレルギー。好きな音楽のジャンルは特にないが、好きなトランスは“Marine Air”だそうだ。編集部にはまだこの男と話が合う者はいない。