ポップでチルなGorillazのカムバック

前回お知らせしたGorillazの最新アルバムのリリース情報の翌日。
「Humility」と「Lake Zurich」の2曲が先行リリースとして各ストリーミング配信サービスで解禁、さらにビジュアライザーとミュージック・ビデオがYoutubeで公開された。

まずはその2曲をご覧いただこう。

ジャズ・フュージョン界で活躍するギタリスト、ジョージ・ベンソン氏が参加している楽曲「Humility」

アルバムのティーザーにも使われた楽曲「Lake Zurich」

紛れもない名盤の予感

いかがだろうか。
前作「Humanz」はヒップホップやレゲエの要素を多分に取り入れ、どちらかというとダークでクールなアルバムだった。
もちろんかなりの名盤であったことはいうまでもないが今回の楽曲はまた方向性がガラッと一転、むしろ2nd「Demon Days」や、3rd「Plastic Beach」のよなポップさを帯びてカムバック。前作で取り入れたエレクトロやシンセのサウンド、ヒップなビートも乗ってよりパワー・アップしたのではないだろうか。

繰り返しお知らせするが、リリースは6月29日。絶対に見逃せないリリースだ。

 

Chita
DEEP DIVER編集部の中では珍しい真面目なライター。海外での活動経験を生かして洋楽系の記事を寄稿している。音楽はトロピカルハウスやアシッドジャズなどを好み、海外のカルチャーへの愛と造詣が深い。最近ハマっているのはバチェラー・ジャパンとゲーム・オブ・スローンズ。