このミュージック・ビデオ、半端ない。

日本生まれニューヨーク在住のシンガーソングライターMitskiが6月26日、Youtubeに“Nobody”のミュージック・ビデオをアップした。

“Nobody”は8月リリース予定のアルバム”Be The Cowboy”に収録される予定である。
ミュージック・ビデオの仕上がりは異質かつリアリスティック。必見の仕上がりだ。

クリストファー・グッド氏が監督のもと、カンザスにて5日に渡って撮影されたビデオ。
ミツキはこのビデオの撮影についてこうコメントしている。
“ミュージック・ビデオの撮影にこんなに時間をかけることができたのは初めてだったから、詳細までこだわることができたわ。みんなで楽しみながら撮影したの。撮影を通してカンザスに深く恋したわ。”

今楽曲はミツキの4枚目のアルバムからの先行配信シングルである。
彼女は6月30日からツアーをスタート。アルバム・リリースの直前まで世界各国を回る予定だ。

via:Pitchfork

Chita
DEEP DIVER編集部の中では珍しい真面目なライター。海外での活動経験を生かして洋楽系の記事を寄稿している。音楽はトロピカルハウスやアシッドジャズなどを好み、海外のカルチャーへの愛と造詣が深い。最近ハマっているのはバチェラー・ジャパンとゲーム・オブ・スローンズ。